1. ホーム >
  2. CSR

CSR

私たち建設業の基本的理念

松本市総合防災訓練

建設資材の高騰や公共事業の縮小など、建設業界を取巻く環境は依然厳しく、先行きが見えない状況が続いています。

しかしながら、建設業は公共性が高く、建物やインフラ、文化財の修繕など人々の生活に密着した非常に社会性の強い事業です。

その為にも、そこで暮らす人々が安心で安全な生活を享受する為に、
自然環境への配慮はもとより、安全で高品質、かつ、公正で倫理にかなった社会的活動に積極的に取り組む必要があります。

地域に密着した形で、社会的責任を担う事で、企業価値のさらなる向上を実現するとともに、より一層社会から信頼される企業へと躍進し、
ひいては、そこで暮らす人々が快適に生活できる環境を構築する事へ繋がるのではないでしょうか。

先に述べた、ファクター以外にもコンプライアンスや情報開示はCSRの第一歩であり、それらを徹底する事により経営の透明性を高め、
そこに暮らす人々の信頼の基礎となり、「松本市建設業協会」なら安心というさらなる評価へと繋がることでしょう。

地域交流ボランティア活動

ページトップへ戻る