1. ホーム >
  2. 活動内容 >
  3. 協会活動 >
  4. 除雪機貸与で市と調印

除雪機貸与で市と調印

除雪を通じた地域への恩返し

  当協会は11月15日、市建設業会館で松本市と除雪械貸与に伴う調印式を開きました。調印式では深澤信治会長と松本市維持課の百瀬信課長による協定書への調印。その後、当協会と除雪機貸与を受ける会員3社(五光建設、中田組、萩原組)と調印も行いました。   
  百瀬課長は「気温は平年並みか高めとの予想だが、エルニーニョ現象が発生したとの気象庁の発表もあり大雪も懸念される。冬期の安全で円滑な道路交通の確保に向け協力をお願いしたい」と述べられ、当協会の深澤会長は「市の社会資本整備を担う業界として、災害時の応急復旧と冬場の除雪活動は地域社会への貢献、最大の恩返しと考える。一生懸命に取り組みたい」と応えました。   
  市からの除雪機貸与は、平成26年2月の大雪で市内の公共交通の長期運行停止したことを受け、翌27年度から実施され、今年は8t級、5t級、3t級のタイヤドーザ各1台が協会に貸与されました

ページトップへ戻る